本文へスキップ

相続・遺言よろず相談所は相続や遺言のことでお悩みの方からのご相談を受け付けております。

TEL. 047-315-3770

〒279-0041 千葉県浦安市堀江3-29-11

遺言のこと
〜遺言の種類から書き方〜

遺言のススメ

○○○○○○○○イメージ

「遺言書を書いておくべき理由」

ご家族が仲良しだから、自分が死んでも相続で揉めることはないとお考えの方は多いと思います。でも、相続とは「争続」と揶揄されるくらい争いの絶えないものです。ご家族が争いに巻き込まれないためにも遺言書を残しましょう。
→詳しく見ていく


遺言書の種類

○○○○○○○○イメージ

「基本的に遺言には3種類ある」

遺言書は大きく分けて、普通方式と特別方式の2つがあります。普通方式による遺言には3種類あり、通常はこの方法で遺言を残します。特別方式による遺言は船舶遭難時や伝染病で隔離された場所にいるなど限られた場合のみです。
→詳しく見ていく

遺言書の効力

○○○○○○○○イメージ

「遺言の内容は絶対なのか?」

遺言書に書かれている内容を、相続人は必ず守る必要があるのでしょうか?兄弟の一方にだけ全ての財産を残すなど、明らかに割合がおかしい相続分の指定にも従わないといけないのでしょうか?遺言書の効力について説明します。
→詳しく見ていく


作成の手順

○○○○○○○○イメージ

「遺言書の作成手順を学びましょう」

遺言書を作成するにあたり、まず必要なのは誰が法定相続人になり、自分にどれだけの財産があるのか詳しく調査をすることです。そのうえでどの財産を誰に与えるのかを考え、正しい書式で遺言書を作成しなければなりません。
→詳しく見ていく

遺言と遺贈

○○○○○○○○イメージ

「遺贈とは」

遺贈とは、遺言書により相続人や相続人以外の特定の人に、財産の全部または一部を無償で譲与するものです。一定の割合で遺産を与える包括遺贈と、特定の遺産のみを与える特定遺贈があります。
→詳しく見ていく


遺留分とは

○○○○○○○○イメージ

「遺留分とはなにか?」

遺留分とは、一定の条件を満たす相続人に対して最低限の遺産相続分を保証する相続割合のことで、遺言書の内容に関わらず保障されるものになります。遺留分を侵害する遺言には、遺留分を請求する必要があります。
→詳しく見ていく


電話番号

ナビゲーション

バナースペース

運営者:行政書士小浦泰之事務所

〒279-0041
千葉県浦安市堀江3-29-11

TEL 047-315-3770
FAX 047-317-0191